性的ロールプレイ

 仕事のストレスを究極的に蓄積していた、26歳のOLは性的ロールプレイを切望していました。
彼女の掲示板投稿にメッセージ送信。
タイミングが良かったのか、返事を受け取れました。

 久恋亜ちゃん、通話で性的ロールプレイを直ぐにやってみたいと言います。
「主人と奴隷のシチュエーションで、お願い出来ませんか?」
これは面白いと思いました。
M気のある久恋亜ちゃん、セッカンされたい気持ちを持っていたようです。
LINEで、性的ロールプレイに興じることにしました。

 Mな久恋亜ちゃんは、喋り方も受け身そのもの。
確かなMであることは間違いがありませんでした。
男の言うことを聴くことが、彼女の刺激なのです。
「オマンコ、マン汁溢れてるのか?」
「はい」
「なんて悪い子なんだ、お尻叩きだ」
「は・・・はい・・・」
そして彼女は、自分で叩き出したのです。
イメプ専用板ならイメプ募集に最適だと思い利用を開始する
「ごめんなさい、本当にごめんなさい」
完全な変態女に、心が燃えて行きました。
「悪い子だから、クリを触りなさい」
「は・・はい・・・」
「アヘ声をちゃんと出す」
「は・はい・・っあぁ、はっはぁっ、ああっ」
面白いことに、こちらの言うことを聴くM女でした。

 性的ロールプレイで、ガチに興奮を始めてしまった久恋亜ちゃんは言うがままという状態になっていきました。
テレビ電話で、その姿をみせさせたのです。
「服は邪魔だから、総て脱ぐように」
「はい・・」
「足を大きく広げて、オマンコも広げるんだ」
「はい・・・」
オマンコは、マン汁だらけで、キラキラ光っている状態でした。
「指2本入れて、激しく動かせ」
「あっ、はぁっ、あ~んあんあんあんあん」
ドMとなった久恋亜ちゃんは、猛烈すぎるほど感じだしていったのです。

 最高の時間を味わえたと思います。
彼女も、自分とのプレイで激しく興奮出来て納得出来たようでした。
「また、時間のある時お願い出来ませんか?」
彼女から申し込んでくれました。
コスプレエッチ
お医者さんごっこ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。